2007年03月22日

結婚祝いの贈物

結婚祝いの贈物(金品)は、結婚披露宴の招待を受けてから、結婚式の一週間くらいまでに贈るようにするのが通常です。自宅に届けるのが丁寧ではありますが、現実的に考えて、結婚式前というのはとかく結婚する当人たちは忙しいもの。ですから、外で会って手渡したり、託送したり、デパート等からの直送でもいいでしょう。そういう場合は、お祝いのメッセージを添えるといいでしょう。


しかし挙式までに贈物を届けることができないこともあります。そういった場合は、新郎新婦が新居に落ち着いてから、実際に欲しい物を確認して贈ってあげるといいですね。


わたしの経験からいうと、案外これってありがたいものです。結婚前にいろいろほしいものを訊かれても、あまりにやることがあって、何が何だかわからなくて適当に答えてしまうこともあるんですよね^^; 全て終えて新居に落ち着いて、あ、これがない・・・・というのも結構あるものなんです。挙式後の結婚祝いの贈物、意外に歓迎されるものです^^

posted by kekkon at 10:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
30代| PR| GAL| 出会| ショップ| | 出会い| コミック|
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。